お問合せ

プリマエレガンス
24回フルコースレッスン

受講生の声

  • バレエ経験がない私のような大人でもくびれをつくることができる
    一度もバレエ経験がない私のような大人でも、日常生活においてバレエ風の動きが活かせ、あのバレリーナ特有のしなやかな背中やくびれをつくることができる、ということを確信しました。周りの人たちから「華奢になった」、「痩せた」とか、「首が長くなった」と言われたのですが、体重も変わってなければ、整骨院に通って首が長くなったのでは、ありません・・・・。
    30代 M・Oさん
  • 無理したり、いやなことを我慢してやったりということが一つもありません
    ウエストから脚にかけてのラインにメリハリが出て女性らしくスタイルアップできました。姿勢が良くなったからか、身長が2年で約2cm伸びました。さらに初対面の方や知り合いから「姿勢が美しい」と言われるようになりました。 変化のなかで何より嬉しかったのは、4回ほどくりかえしていたギックリ腰のために腰痛になりやすかった私が、今では腰痛は完全に解消しハイヒールも履けるようになりました。 マダムのメソッドを実践して変わったことは山ほどあります。高校時代、バリバリの運動部に所属していたためか、ついスパルタ系、ハード系のトレーニングに心が傾きがちな私でしたが(笑)マダムのご指導は、無理したり、いやなことを我慢してやったりということが一つもなく、どれも心と体に問いかけ、自分らしい美しさを目指すもの。そんなこともあってか、絶対こんな人は見つからないだろうと思っていた理想の男性にまで出会うことができ、パートナーとして一緒に歩んでいくことになりました。 マダムの美のマジックは本物だと、実感しています。
    30代 S・Tさん
  • 写真の写りがよくなりました
    私が、マダムのレッスンを受けるようになったのは、容姿に対するコンプレックスからでした。「美しく在りたい」と思いいろいろ探していたところ、マダム由美子先生のレッスンに出会ったのです。レッスンをはじめてから、スタイルが良くみえるくびれの見せ方を知り姿勢が良くなり、写真の写りがよくなってきました。私は、とても写真写りが悪く、ヘンに写っている気に入らない自分の写真をよくビリビリに破いては、捨てていました。近頃では、写真を破ることがなくなってきました。
    30代 Y・Hさん
  • 鏡の中の自分の姿を見ることが好きになったことが一番の喜びです
    忙しさで追われるように過ぎていく日々の中で、立ち止まって自分を取り戻す時間。自分を認めて大切にし、やさしく慈しんであげる時間。そんな時間をもつことの大切さや持ち方をマダムから教えていただいて、私は生きることの素晴らしさを感じられるようになりました。体の変化では、肩が下がって、いかり肩が気にならなくなったこと。腿の内側の脂肪が取れ始めたり、足首が締まってきたり、ウエストが細くなったりといった体型の変化や、着たいと思う洋服の色が明るい色に変わってきたり、キリッっとした雰囲気よりもふんわりと柔らかな優しいイメージの服が着たくなったりといった服装の好みの変化。そして、何より自信をもって鏡の中の自分の姿を見ることが好きになったことが一番の喜びです。
    30代 Y・Yさん
  • 見知らぬ方から、後ろ姿がどなたよりも綺麗で、と言われたのです
    『きっと生まれつきの容姿や家柄なのね』とほとんど自分を諦めかけていたその時、由美子先生の存在を知りました。教えて頂いたことを実践して、わずか数日で、垂れ下がっていたヒップラインが、まるでガードルをはいているようになりました。就寝時に、反り返っていた背中はベッドにつくようになりました。0脚も随分ましになりました。気づけば、肩こりも腰痛も全く消えていました。スコアが80程度だったボウリングでは、なんと192点を記録しました!この急激な変化に、私自身が大興奮!「続ければ体は必ず返事を返してくれる」ということを実感したのです。そして、忘れられない出来事が起こりました。パーティー会場で見知らぬ方から「離れたところから皆さんを見ていましたが、あなたは際だっていました。後ろ姿がどなたよりも綺麗で」と言われたのです。「後ろ姿」という言葉は横に置いておいて(笑)、素直に心から嬉しく感じました。
    30代 H・Mさん
  • ウエストサイズが下がり洋服のサイズも11号から7号になりました
    私は普段病院勤めをしているのですが、歩いているときは勿論、座っているときも、なるべく背もたれに持たれずレッスンで習った、背中の筋肉と腹筋に力を入れて過ごすようにしていました。すると、気がついたら、ウエストサイズが下がり、洋服のサイズが11号から7号まで変化しました。 さらに、体を引き上げる意識を持てるようになってきたので、体重が少し増えても不思議なことにウエストサイズはあまり変わりません。毎日、通勤はなるべくハイヒールで歩くようにし、レッスンで教わったストレッチやエクササイズ以外の特別なスポーツは一切していません。以前は、「体型カバー」をうたったチュニックや、ざっくりシルエットの服を好んで着ていましたが、今ではウエストが締まった服装がスタンダードになりました。
    40代 M・Iさん
  • 今までしたことのない多くの経験をさせていただきました
    マダムがハイヒールを履くことで、腰痛を克服されていたことがとても励みになりました。 体のあちこちが痛むのも靴のせいではないかと思い、 それまで2〜3年ほどスニーカーでしたが、今では毎日ハイヒールを履くようになりました。はじめて歩くレッスンをしたときは足がぐらぐらして歩けませんでしたが、自分に合わない靴を履いていたり、姿勢が悪いためにいろいろと不調があったことに気づきました。 2年ほどが経ち、徐々に腰痛も改善され、日常生活で痛みを感じることがなくなっていったのですが 仕事が多忙で余裕をなくし、またスニーカー生活に戻って2ヶ月ほどで腰痛が再発。 改めてハイヒールを履ける自分であるように、多忙なときほどお洒落心をなくさないように心がけています。治療に通う回数も徐々に減っていき、今では月に2回ほどで、 普段はレッスンで習ったストレッチなどをして体のメンテナンスをしています。
    40代 M・Mさん
  • 体重は変わっていませんが、痩せた?と聞かれることが多くなりました
    家でもレッスンで教えていただいたバレリ-ナがよくしているというストレッチを毎日続けることによって、ずいぶんシルエットが変わってきたように思えます。体重は変わっていませんが、「痩せた?」と聞かれたり、褒められることが多くなりました。「人との比較ではなく、自分自身の心と体と向き合って自分の中の美しさを引き出すこと」マダム由美子先生のこの言葉の根底には人に対する思いやりや愛情があります。 40代 Y・Nさん
  • 産後、元のスタイルを取り戻すことができました
    2年前に出産を経験しました。産後、体が崩れるとは聞いていたのですが、骨盤の広がりやお腹のたるみなど、想像以上の体の変化にこのまま身体が戻るのか不安な気持ちになりました。けれども、レッスンで由美子先生に教えていただいたことを、赤ちゃんを抱き上げる時、ベビーカーを押すとき、キッチンに立つとき・・・日々の生活で意識しながら過ごしていたら、背中やお腹の筋肉が使われていることが実感でき、徐々にお腹と背中が引き締まり、元のスタイルを取り戻すことができました。産後に行った整体でも、出産後にここまで骨盤が締まっている人は初めて見たと感心されたのは嬉しかったです。
    40代 N・Tさん
  • 運動音痴の私には日常生活に生かせる内容が希望にぴったりでした
    私は、長男の大学受験後、気が抜けてしまい喪失感、脱力感に襲われて、何を見ても聞いても味気なく家事さえ手につかないような日々を過ごしていました。思えば結婚以来いつでも主人の為、子供たちの教育の為、と突っ走って自分の事など後回し。私は、夫と息子の付属の存在で、気が付いた時には全く自分というものを諦め、見失っていたのです。自分自身の為にもさすがにこのままではいけない、とりあえず何かしなければと思い立ちネットで探していたところ、マダム由美子先生の存在を知りました。40代半ば、全く運動音痴の私には、踊る事に重きを置いた普通のバレエ教室とは違い、バレエのスピリッツやエッセンスの基本の動きをだけを体に覚えこませ、日常生活に生かしていくというレッスン内容は、私の希望にぴったりでした。先日、主人からメールがきました。“お前と一緒にいると幸せだよ”と。私の変化を敏感に感じ取ってくれたのでしょう。とても嬉しかったです。
    40代 S・Tさん
  • 仕事の隙間時間をトレーニング時間に変え、寸胴足首からくびれ足首に
    私は手術室に勤務しています。日によって長時間一箇所に立ったままということもあります。このような時、以前は足がむくみ辛いと感じる事がありました。ある日ふとこの時間をトレーニングタイムに変えられるかと、思い立ちました。レッスンで習ったことを組み合わせて実践しています。由美子先生が日頃言われている、1日のうちほんの少しの時間でも意識を向けることから美しく変わるチャンスがある。少しずつでも昨日より進歩する自分を意識しています。常の隙間時間をトレーニング時間に変えることで、寸胴足首から、くびれ足首に変化してきたと思います。時間がない人でも何歳からでも、意識の向け方と工夫で美しくなるチャンスがあると実感しています。
    40代 M・Uさん
  • 介護中も自分を見失わず親にも優しく接することができるようになりました
    私はいま、50代半ばで仕事を中断して、父の介護をしています。親をみるのは当たり前という気持ちから、最初は必死に介護していましたが、それも長くは続かず、私はストレスで太ってしまい心身ボロボロ....。 そんなとき、7年間、仕事をしながら自宅で介護をしていたというマダムに出会いました。マダムが、鼻呼吸が体も心も解放してくれますよ、とアドバイスくださいました。さらに、ムリせず毎日5分ハイヒールを履くことを、毎日の生活の中で楽しみながら意識してみましょう、という提案でした。それらが介護している私に役立つとおっしゃるのです。最初は、半信半疑でしたが、結果、私は介護中も自分を見失わず、親にも優しく接することができるようになっている自分をちょっと立派だな?と思えるようになりました。そのおかげで、体重は変わっていないのに、痩せましたか?と周りから言われるようになり、高校生の息子にも「お母さん、今までの中で、今が一番イキイキしているね。」と言われるようになりました。
    50代 I・Yさん
  • 仕事場で、身体にも心にも贅肉のない人ですね、と言われました
    背筋、首筋を伸ばしデコルテを開くことを常に意識して毎日を過ごしていたところ周りの方から、初対面の方から、通りすがりの方から、家族から、姿勢の良さを褒められるようになりそれが少しずつ少しずつ自信となり気持ちの面でも変化が起こりました。一番嬉しかったことは、仕事場に入られた新しい方々に「身体にも心にも贅肉のない人ですね」と言われたことです。 マダムのメソッドのお蔭で、自分軸もしっかりしてき自信が持てるようになったことを実感しております。
    50代 Y・Sさん
  • 念願のヒールの高い靴を履いても綺麗に歩けるようになりました
    ヒールの高い靴で年中捻挫をし、踏み出したヒールの足もとがぐらついて、階段から落ちて大けがをしたこともありました。 「正しい歩き方を身に付ければヒールの高い靴でも安定してはくことが出来る」というマダムの言葉に心がわくわくしました。 レッスンを重ねるごとに身体の感覚が掴めるようになり、マダムが教えてくださったように身体の中心へ重心を集めて立つと、身体の安定を得るだけでなく、心も落ち着いて来るのがわかりました。 美しく立つこと、歩くことを心がけて過ごしているうちに足のラインがすっきりしてきました。身体の中心を意識して常にまっすぐな姿勢を保っていられるようになり、自然に腹筋も強くなってきたようです。 土踏まずの筋肉も強くなり、念願のヒールの高い靴をはいても、ぐらつかないで綺麗に歩けるようになりました。
    50代N・Kさん